やくろぐ!!

-人の薬に立ちたい!薬剤師・薬学生応援ブログ-

【勉強法】青本?過去問?薬剤師国家試験合格者は何を使って勉強していたのか

広告

f:id:chacatechin:20181003214705j:plain

どーも、病院薬剤師のひゃくさん(@sansigoi)です!

薬剤師国家試験の勉強でみなさんは何を用いてますか?参考書、過去問、問題集・・・たくさんありすぎて何から手を付けたらいいのかわからなくなりますよね。いざ手を付けたとしても他の人が別のものを使っているとそっちの方が良く見えたりもします。

僕の持論ですが、勉強法で悩むのは仕方なく、みんなこれをやっとけば受かるという勉強法はないと思っています。それぞれ個々に合った勉強法があると考えているからです。

では、どうすればいいのか。それは先輩や同級生の勉強法を聞いて、良いところを盗み、自分だけの最強の勉強法を編み出せばいいのです。

ということで今回は、第103回薬剤師国家試験合格者である僕が何を使って勉強していたのか紹介するのでそれを参考に良いところだけを盗んでいってください!

 

勉強に使ったもの

青本

僕が1番使っていたのは青本ですね。極端な話、青本に書かれてある内容をすべて覚えれば薬剤師国家試験は合格できるってくらいの情報量があります。

それに加えその莫大な情報がしっかりわかりやすくまとめてあり、重要な点も色分けや図などが入っており分かりやすい。必要な情報をただただ詰め込んだような大学の教科書とは違い、いろんなところに気遣いを感じますね。

なので、まだ6年生になっていないという薬学生も授業で分からないことがあれば青本を使ってみることをオススメします。いずれ読むことになるだろうし、早めに慣れておくという意味も込めてですね。

さらに章末には1問1答や薬剤師国家試験で出た関連する問題もあり、自分の理解度の把握や、知識をより深めることもできます。僕はこの章末問題をかなり重宝しました。なぜなら自分の知識をすぐに試すことができるからです。もし章末問題で解けない問題があれば、単純にその範囲が理解できていないということになるので、自分が理解できている所と理解できていないところがはっきりとわかります

理解できていなところを知ることでそこを復習することができるし、間違えたことにより更に記憶に残りやすくなるとも思います。章末問題をやっていないという人をたまに見かけますが、僕はやったほうがいいと感じています。

薬ゼミ模試の過去問

薬ゼミの模試は難易度や問題作成がしっかりしており、知識を深めるのに非常に役に立ちます。さらに薬ゼミの模試はその年の薬剤師国家試験の問題を予想して作られており、模試をしっかり読み解くことでその年のやまを勉強することができます

以前、薬ゼミの模試で出題された問題が実際の薬剤師国家試験でどれくらい出題されたのかまとめた記事を公開しているのでそちらも参考にしてみてください。思ったよりも出題されているので驚くと思いますよ!

さらに薬ゼミの模試では解説もしっかりかかれてあるため、なぜ不正解だったのか、なぜこの答えではだめなのかよくわかります。なので正答していた問題でも少しでも不安があれば解説をしっかり読むことをオススメします。

答えが合ってたからOKではなく、次につなげるようにしてください。模試はあくまで模試。模試で解けても薬剤師国家試験本番で解けなかったら意味がありませんからね

 

Pharm@ssist

薬ゼミがやっているPharm@ssistに登録していました。ネット上で問題が解けるもので、問題数も多くスマホでもできるのでかなり重宝していました。ただ調べても登録の方法などが出てこないので、おそらく学校単位での登録になっているのではないかと思います。もし登録したいという人がいれば学校に聞いてみるといいかもしれませんね。

ちなみに僕はお風呂につかりながら利用していました。何問解くまであがりまテンのように気軽に解いてましたね。

正答率も分かるので、若干クイズ感覚で気楽に解けるのが良かったですね。今日は何%だ!とかね。もちろん解説もしっかりしているので、おすすめです!

 

薬剤師国家試験の過去問

薬剤師国家試験の過去問ももちろん解きました。解いた時期は薬剤師国家試験本番の直前。2月中旬ぐらいですかね?

なぜその時期まで解かなかったのかというと、単純に自分の実力を知りたかったからです。青本での勉強や、薬ゼミの模試などを通して、自分の知識をある程度完成させてから過去問を解きたかったのです。

実際に解いてみて225点以上取れた時、かなり自信がつきました。よし、これなら受かるぞって。過去問に手を付けたのがギリギリだったので解いたのは99回から102回まででした。

ただほとんどの人は過去問を周回したりするので僕のような過去問の使い方をしている人は少数だと思って下さい。

その他

その他は基本ネットです。添付文書を検索したり、わかりやすく解説してあるブログとかないかなーって検索したり。あとは画像や動画で検索してみるのは結構いいと思います。文章だけで理解できないものでも、画像や動画で見るとかなりイメージしやすくなりますからね。

あとはゴロなどもかなりネットに落ちています。僕は生薬が苦手だったので、生薬のゴロをめちゃくちゃ検索していました。他の人が書いているサイトを勝手に宣伝しますが、このサイトを寝る前によく見ていました!

僕が使っていたゴロサイトはこちら

【薬剤師国家試験】 漢方 【語呂】 - 万年こたつ

 

以上が僕がやってきた薬剤師国家試験の勉強です。見た感じ、特に特別なことはしていないんだなと思ったと思います。そうです特別なものに手を出す必要はないんです

僕が思うにそんなにいろいろ手を出さなくていいのかなと思います。買った参考書を中心に、模試のやり直しをしっかりやっていれば必ず成績は伸びていくでしょう。

ネット上や先輩からの話の中にはこれをやっとけば受かるという情報が多くあると思います。ただそれら全ては間違っているわけでも合っているわけでもありません。いろんな勉強法を知り、その中で良いと思ったものを参考にしながら自分の勉強の仕方を変えていけばいいと思います。

こちらに薬剤師国家試験の体験談をまとめていますので、いろんな人の体験談を参考にしてみるのもいいと思います!

こちらもオススメ!

薬剤師国家試験体験一覧!

これからいろんな不安や悩みが出てくるかと思います。僕は薬剤師国家試験の敵はそのような不安や悩みだと思っているのでなんでも相談してください。みなさんの合格を祈っています!

記事を探す!