やくろぐ!!

-人の薬に立ちたい!薬剤師・薬学生応援ブログ-

→薬剤師国家試験関連記事はこちら←

薬剤師国家試験の勉強時間は?合格者の1日の流れを公開!

広告

f:id:chacatechin:20180929163426p:plain

どーも、ひゃくさんです!

薬剤師国家試験の勉強はとてもきつく、過酷なものになります。そんな中、薬剤師国家試験を受ける人たちは1日に何時間勉強しているのか気になりますよね?

今回は第103回薬剤師国家試験に合格した僕が1日にどれくらい勉強していたのか紹介したいと思います。

1日の流れ

僕の1日の大体の流れはこのようになっています!

f:id:chacatechin:20180929152339p:plain

多少のずれはありますが、大体こんな感じでしょうか。1日の勉強時間は朝4時間、昼4時間、夜2時間の合計10時間

ただ、勉強の間に休憩や家事をすることもあったので丸々10時間はやってないです。1回タイマーで正確に勉強している時間を計ったら8時間くらいでしたw

シエスタとは

僕の1日を見たときに皆さんが疑問に思ったのはおそらくシエスタでしょう。シエスタとは昼食後の昼寝のことで、南ヨーロッパでの習慣です。

最近は日本でもと入れている企業や学校もあり、注目されているものとなっています。

なぜ注目されているかというと、仕事の効率がめちゃくちゃ上がるかららしい。一番いいのは20分の仮眠をとることらしいんだけど、僕は1時間半も寝ちゃってますねw

寝すぎは逆効果という話もありますので、みなさんは20分くらいにとどめておくといいかもです。

男なのに1時間も風呂に入ってんのかよ

はい、1時間もお風呂に入っていました。理由としてはお風呂につかりながら、スマホで薬剤師国家試験の問題を解いていたから。

机に向かってする勉強とはまた違い、クイズ感覚でリラックスしてできるので僕は好きでした。

僕はお金を払って薬ゼミのPharm@ssistをやっていましたが、メディセレが無料で薬剤師国家試験の過去問をアプリで出しているのでそれをやってもいいかもしれませんね。

メディセレのアプリはこちら

第103回薬剤師国家試験のアプリが登場!

家での勉強は自由度が高く効率も良い

僕は途中まで学校で勉強していたのですが、インフルエンザが流行ったこともあり途中から家で勉強するようになりました。

家はテレビやベッドなどの誘惑が多いので集中できるかなと思っていましたが、薬剤師国家試験を終えてみると自由度が高く効率も良かったのかなと思います。

1日の間にシエスタや1時間もお風呂に入れたのは家で勉強したおかげですかねw

移動する時間がない

もちろん家で勉強するわけですから、外に出て勉強しに行く必要がありません。移動時間をまるまる勉強にあてれるというわけです。

学校で勉強したり、図書館に行ったりするのには時間がかかりますね。近いといっても毎日積み重ねていったらかなりの差が出ると思います。

重い参考書を持つ必要がない

薬剤師国家試験の参考書は皆さんも知っている通りめちゃくちゃ重いです。外で勉強する際はその重い参考書を持っていく必要がありますが、家の場合その必要はありません。

重い荷物を持つ労力を勉強にあてれるというわけですね。←意外と大事。

それに急にあの科目を勉強したいなと思ってもできるのです。外だとその参考書をもっていってなければできませんね。この点でも効率よく勉強できるのかなと思います。

その他

その他にもすぐにご飯が食べれたり、勉強の合間に家事をしたりできるのもいいところです。先ほども述べましたが、インフルエンザ感染の対策にもなるので家で勉強するのはかなりおすすめです。

まぁ、毎日一人はふさぎ込んじゃうしストレスたまっちまうぜーという人はたまに外に出て友達と勉強するのもありですけどね!

みんなの勉強時間は?

Twitterにて勉強時間のアンケートを取っています。

ぜひみなさんも投票して参考にしてみてください!

勉強時間よりも・・・

僕はただの勉強時間よりも集中している時間のほうが大事だと思っています。集中できていないのに無駄に机に向かっているなら、仮眠をとっていったんスッキリさせた方がいいでしょう。

僕は集中できていないなと思ったら仮眠をとったりお笑いを見たりと、結構自由にしていました。変なプレッシャーも感じたくなかったし、気持ちに余裕も持ちたかったですので。

目指すところは薬剤師国家試験合格です。勉強時間の競い合いではありません。もちろん勉強時間をしっかり確保することは大事だと思いますが、時間ばかりにとらわれすぎないようにしてくださいね。

→薬剤師国家試験関連記事はこちら←
Sponsored Link