やくろぐ│人の薬に立ちたいブログ

人の薬にたちたいブログ。気軽に話しかけてね!Twitter→@sansigoi

育児ブログ最強説

広告

f:id:chacatechin:20180714101332p:plain

どーも、初心者ブロガーひゃくさんです!

僕は最近ブログについてある一つの持論を提唱しています。それが「育児ブログ最強説

結婚もしていないし子供もいない僕ですが、いろんな繋がりがありブログ仲間には育児ブロガーさんが結構います。その人たちのブログを見ていると育児ブログっていうコンテンツは最強じゃないか、と日に日に感じるようになりました。

そこで、今回は僕の持論である「育児ブログ最強説」を4つのポイントで説明していきましょう。

情報量が桁違い

 まず育児ブログが最強である理由としてあげられるのが、育児ブロガーさんの情報量が桁違いだということ。

育児ブロガーさんはこれまでの人生の経験に加え、育児をすることによる経験、さらに育児に関連する情報を常にインプットしていることで桁違いの情報量を持ち合わせています。

ブログではアウトプットするということに注目されがちですが、インプットがないとそもそもアプトプットなんか出来る訳ありません。

毎日仕事に追われるだけの僕と、それに加え育児を行っている人たちでは情報のインプット量が天と地くらいの差があるでしょう。

子供のために勉強した、育児の知恵であったり、育児の経験だったりと多くの人が求める情報を常にインプットできる状態にあるというのはブロガーにとってすごくいい環境にあると思います。

さんはちさんは自分の経験を元に記事を書いています。

www.sanhacchi.net実際に育児をしたことない僕にはもちろんこんな記事かけません。独身の男が急におむつの話書いても誰も読む気になりませんよねw

それに、このような育児の経験というものは情報を求めている人たちにとって本当にためになるものばかりだと思います。

育児ブロガーさんは情報のインプット量において最強のブロガーであると言えるでしょう。

共感のしやすさがヤバイ

次に育児ブログが最強である理由としてあげられるのが、共感のしやすさがヤバイということです。育児ってとても難しいようで(経験してないからわからないけど)、パパママは相当な苦労や悩みを抱えています。

どういうことで悩んでいるか、もしくはそれをどう乗り越えたかという記事は同じ悩みを抱えるパパママにとって興味のある記事になり、共感をうみます。

あ~、それわかる」「同じことで悩んでいるんだ」とかね。

ココさんはパパとしての苦労を記事にしています。

www.koko269.com将来僕はパパになると思いますが、その時きっとこの記事にすごく共感することでしょう。共感はそのブロガーに対しての興味になり、その情報の拡散へとつながりやすいと考えています。

つまりブログで言うと、フォロワーや読者が増え、ブックマークやリツイートといったことが置きやすいということになります。

共感のしやすさ。それはブロガーにとって最強の長所であると言えるでしょう。

赤ちゃんはズルすぎる

赤ちゃんと言うかわいすぎる存在がいるというだけで最強です。そんなの育児していない人からしても読みたくなるし、育児している人だったらなおさら読みたくなるでしょう。

だって可愛んだから。

それに、育児ブログって基本キラキラしているように見えるんです。お弁当を作ってみたよとかただそれだけ書かれてあっても「順風満帆な生活を送っているんだな」「幸せそうだな」少なくとも僕にはそういう風に見えておりすごく憧れていますw

こちらはhanaさんの七夕レシピについての記事です。

www.zubora-hana.comなにこのおしゃれさ。しかも子供と一緒に作ったなんてなんて幸せそうなんだ!

独身男の僕が一人で作ったって本当に誰も興味がないだろうし、さみしいやつだなって思われるだけだよね!w

赤ちゃんを実際に写真で出してる人は少ないけど、それでも赤ちゃんという存在、家族という存在を感じれるだけでブログのイメージ的にも最強といえると思います。

ブログ向きの最強の世代

最後に育児ブロガーはブログ向きの最強の世代であることを話します。

育児ブログを書いている世代は恐らく20代後半から40代前半くらいだと思います。それくらいの世代の人達は、ある程度の収入もあり、何より購買意欲が高いと考えられます。テレビショッピングとかもママさん向けに宣伝してますもんね。

ということは、その層に向けての広告を貼ればブログの収入化はほかのブログよりもしやすいのではないでしょうか。自分が子育てに使っているアイテムなどをレビューして広告貼れば、実際に欲しいと思った人がしっかりと買ってくれるはずです。

実際に育児ブロガーさんがどんな広告を出しているか紹介すると裏が見えてイメージ下げそうだったので、僕が気になった本を紹介しておきます!w

そこは不特定多数に宣伝している僕のブログのような雑記ブログよりも、パパママ世代に特化して宣伝している方が有利であると言えるでしょうね。

 

そんなこんなで「育児ブログ最強説」を唱えましたがいかがでしょうか。言っておきますけどこれは僻みとかではないですからね!w

素直にそんな生活に憧れるし、パパママさんを尊敬しています。その上で、独身男が育児ブログについての持論を述べただけだと思ってください。なんで急にこんな記事書こうと思ったかわからないけどねw

ま、この記事で育児ブロガーさんの小さな気づき。また、新たな育児ブロガーさんが登場してくれることを願っています!

 

こんな記事も書いています

www.103yakyaku.com

www.103yakyaku.com