やくろぐ│人の薬に立ちたいブログ

新人薬剤師が思ったことを綴るブログ。たまに国家試験のことも書いていきます。Twitter→@sansigoi

MENU

すでに実現?医療を変えるドラえもんのひみつ道具5選

f:id:chacatechin:20180610174445p:plain

 

人間が想像できることは、人間が必ず実現できるー

小説家 ジュール・ヴェルヌ 

 

 科学技術が目まぐるしい速さで進歩していく現代。今まさにこの言葉の通りになろうとしています。そんな科学技術の進歩を象徴するような商品が発売されました。

clova.line.me今話題のスマートスピーカーのドラえもんモデル。人気がありすぎて入荷待ち状態だとか。スマートスピーカー自体にはそこまで驚いていなかった私も、ドラえもんと話すことができる時代が来たんだと興奮を隠しきれません。

 

このように世界は着実に未来へと進んでおり、以前は不可能だったものも可能となったものもたくさんあります。ドラえもんが実現されようとしている今、同じようにひみつ道具についても実現されそうなものがたくさんあります。

今回は医療に注目して、実現となった、もしくはこれから実現されるであろう「ドラえもんのひみつ道具」について最新のニュースとともに紹介していこうと思います。

ひみつ道具①お医者さんカバン

医者不足や病気を自分で管理することが求められている現代において、病気を診断してくれるロボットがあればなとつくづく思います。

ドラえもんの世界ではそのようなひみつ道具が登場しており、コミックス第20巻「お医者さんカバン」で登場するお医者さんカバンは、自動で病気を診断し薬を出してくれると言うもの。

f:id:chacatechin:20180608223730p:plain

コミックス第20巻「お医者さんカバン」

のび太は診察だからとしずかちゃんを脱がせようとする悪い使い方をしちゃいます。この道具は未来では子供たちが遊びで使うくらいポピュラーになっているみたいです。

簡単な病気なら診断してくれるというものですがAIの発達により実現されるのも時間の問題でしょう。すでに世界ではAIを用いた診断技術が凄まじい速さで成長しています。もちろんこの日本にいおいても例外ではありません。

president.jpAIの技術でガン発見率が9割だなんて、本当にすごい時代に突入してしまったなという感じです。AIは画像解析能力が非常に高いのでこれからの医療をになっていく上で非常に重要なものとなるはずです。

今はまだ高価なものかもしれませんが、いずれは家庭に1台お医者さんカバンが登場する日が来ることでしょう。

 

ひみつ道具②30分できく毛はえ薬

 髪の毛を生やすというのは、昔からお父さん達の願いでした。育毛剤が進歩しているといってもなかなか実感できない人も多いのが事実。

コミックス第3巻「白ゆりのような女の子」にて登場したひみつ道具30分できく毛はえ薬は、液体を頭皮にかけると30分で毛が生えてくるという幻の薬。

f:id:chacatechin:20180608221253p:plain

f:id:chacatechin:20180608221313p:plain

コミックス第3巻「白ゆりのような女の子」

 のび太の髪の毛が一瞬にして伸びていますね。結局伸びすぎてロングヘアーになってしまうというオチですが、お父さんたちはこれをすごく欲しがっていることでしょう。

ただ、瞬時に生やすことは今の技術でも不可能に近いのが現実です。30分で生えるわけではないですが、こんなニュースが飛び込んできました。

www.asahi.comなんというビッグニュース。今までは他の部位の毛を禿げてしまったところに移植するというものでした。今回のニュースでは毛を大量に増やすことができるので、有限である自分の毛を大量に増やすことができるそうです。

もちろん、お父さんたちへのビッグニュースでもありますが、抗がん剤治療の副作用で髪の毛が抜けてしまった人にとってもすごくいいニュースとなったことでしょう。

現代はがんと共に生きる時代です。抗がん剤治療を受けている人が少しでも社会復帰しやすくなることを願います。

 

ひみつ道具③スモールライト+瞬間移動潜水艦

コミックス第6巻「せん水艦で海へ行こう」で登場した瞬間移動潜水艦。しずかちゃんのお腹のなかに入って飲んでしまったオパールを探すと言う話。

この話では、瞬間移動潜水艦をスモールライトで小さくしてしずかちゃんのお腹の中を探検します。

f:id:chacatechin:20180608222756p:plain

コミックス第6巻「せん水艦で海へ行こう」

こういう風に、実際に体内に入って体の中で病気を探すことができたらいいですよね。

もちろん内視鏡という素晴らしい技術も存在しますが、より小さくて苦しくないほうがいいです。そんな夢のような機械がなんと開発されてるんです。

www.nikkan.co.jpカプセル内視鏡というもので、患者さんが口から飲むことで体内の画像を撮影してくれるというもの。内視鏡と比べカプセル型ということで苦しくもないし、使い捨てということもあり感染の恐れも少ないと思います。

まさにひみつ道具。瞬間移動潜水艦そのものですね。オパールを飲んでしまった人はこれで探してみるのもいいかもしれません。

 

ひみつ道具④サイコントローラー

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団にて登場するサイコントローラーは思った通りにロボットを動かせることのできるひみつ道具です。

f:id:chacatechin:20180608225425p:plain

映画ドラえもん のび太と鉄人兵団

 自分の思った通りに動かすことができれば、人間より細かい作業ができたり医者が遠いところから手術もできるのになと考えたことはないでしょうか。

実はそのようなロボットが既に開発されており、現場でも使われているのです。

www.m3.comすでに医学生が扱う時代へと突入しています。それほど「ダヴィンチ」は日本でも主流になりつつあるのです。

このロボットはより精密な細かい作業ができるロボットで、医者の手が3cm動けばロボットの手が1cm動き、ロボットならではの安定性もあります。これを使えば医者がその場にいなくても、遠くから手術ができます。

「ダヴィンチは」は現在放送されているドラマ「ブラックペアン」にも「ダーウィン」という名前で登場して話題となりました。

医師不足や遠隔地に住んでいる高齢者が問題となる現代社会に必要不可欠なロボットとなることでしょう。

 

ひみつ道具⑤ドラえもん

 この記事の中で一番書きたかったドラえもん。いろんなひみつ道具の実現化に憧れますが、やっぱり一番はドラえもんではないでしょうか?

f:id:chacatechin:20180610084820p:plain

コミックス第1巻「未来の国からはるばると」

 超高齢社会へと向かう日本において、お手伝いロボットの需要は高まるばかりです。ドラえもんは来年でなんと50周年。冒頭でも述べましたが着実にドラえもんの実現化へと時代は進歩し続けています。

今ではロボットを用いた「ロボットセラピー」という言葉まで出来るほど介護に対する貢献度が増しています。

style.nikkei.com見守りすらしてくれるなんて、とてもいいロボットですね。人間が介護をするには限界があります。これから進化していくロボットにその一端を担ってもらうことで、より良い社会につながることが期待されます。

いずれは、喋ったり見守りをするだけでなく、体を支えたり、車椅子を押してあげたりする「ドラえもん」のようなロボットが出て来るといいですね。

 

50年前は夢で終わっていたひみつ道具も、今では実現されているものや実現しそうなものがたくさん出ています。そこまで予測していた不二子F不二雄さんは本当にすごいですね。

今回は医療の面で見てみましたが、それだけでもこれほどの進歩を遂げています。今後もさらなる進歩に期待したいです。

 

そういえば、今度の父の日のプレゼントはこのドラえもん型のスマートスピーカーにしようかな。